キャッシングバレない借り方!注意点も

バレないキャッシング説明

基本的にはどこの大手消費者金融を使っても、最低限のことさえ気を付ければ家族にバレることはほぼありません。

家族にキャッシングがバレる可能性があるとしたら原因は下記です。

家に電話がかかってくる
メール連絡
カードが郵送されてくる
利用明細書の郵送
督促状(延滞したとき)

 

申し込み時に注意すれば、家族バレはほとんど防げる!

まず申し込み段階で電話番号は自分の携帯電話だけ登録しておきましょう。家族と住んでいる方がわざわざ自宅の電話番号を登録するとは思いませんが、万が一そちらに電話がかかってきた際にバレる可能性があります。

メールアドレスも家族に見られるリスクのないアドレスを登録しておきましょう。メールアドレスを登録しておくと返済の期日が近づいてきた際にメールで連絡してくれるのですが、当然家族に見られたら一発でバレます。

一番注意しないといけないのは郵便物です。特に審査後にカードを郵送で送ってもらった場合、中身を家族が勝手に開けたりするとバレることになります。一応封筒を見ただけではどこからの郵便かわからないようになっていますが、中身がわからないので逆に怪しまれて勝手に開けられるリスクがあります。

そこで申し込み段階でカードの受け取り方法は「自動契約機で受取」としておきましょう。近くの自動契約機を探して取りに行くのは手間ですが、リスクはかなり低くなります。

また利用明細も郵送ではなくweb明細を選ぶことができるので、自分の利用額や返済額はweb明細を使って確認するようにしましょう。

以上に気を付けて申し込みとカードの受け取りさえ済ませれば、基本的に消費者金融から連絡してくることはありません。月々の返済が遅れていたり、複数の金融機関で限度を超えた借り入れを行っていない限り余計な連絡がくることはないので安心して大丈夫です。

私の体験ではプロミスで借り入れを行いましたがまず家族にバレることはありません。
 

そのほかの注意点

キャッシングがバレるリスク

キャッシングカードは大事に保管(隠しておく)

キャッシングカードを財布の中に常に携帯しているような場合、そのカードをすぐ見えるところに入れておくのは危険です。キャッシングカードはすぐにそれとは分からないようなデザインのものもありますが、見たことがある人ならチラッと見ただけですぐに分かってしまうことがあるからです。

また、財布ごと落としてしまった為にカードが見付かってしまうこともあるので、できる限り持ち歩かないことをおすすめします。

申込み時はともかくとして、利用してからバレてしまうパターンとしては郵便物と返済の延滞がほとんどです。特に返済には注意して利用することが一番大切になります。
 

返済を怠ると素早く連絡が来る!ここでバレる

返済日に返済を行わないと、その翌日に本人の携帯電話まで連絡があります。その場で返済が行える日を決めるとその日までは一切連絡は無くなりますが、約束した日に返済できないようなことがあると、またその翌日に電話があり、再び返済できる日を決めることになります。

原則的にここまでは本人以外に連絡をすることはありませんが、2回目に約束した日にも返済が行えないと、次は自宅に連絡があったり、封書での催促状が届く可能性があり、同居の家族が居る場合にはこれによってキャッシングの利用が発覚してしまう可能性があります。

現在では貸金業法により、職場に電話を掛けたり押し掛けたりすることは禁止されているのでそういうことこそありませんが、いつまでも延滞が続くと自宅まで取り立てにくる可能性まであります。こうなってしまっては人にバレるどころの話ではありません。

申込み時や利用を開始してからずっとバレることがなかった場合でも、この返済の延滞によってバレてしまうことがあるので、返済だけはきちんと行ってください。
 

会社への在籍確認の電話について

キャッシング審査では在籍確認があり、申込みをした人の勤務先に電話を掛けてそこに在籍しているのかを確認します。

この電話でキャッシングが会社バレすることを恐れて、キャッシングに踏み出せない人もいます。ですが大手消費者金融では、どうしても在籍確認の電話が困るという人に対して、書類の提出でこれを回避してくれる場合があります。

ただし、全て大手消費者金融でそのような対応をとってもらえるとは限りません。場合によっては電話で確認がとれないと契約できないようなケースもあり、これは絶対的な対策ではありません。

勤務先への在籍確認

モビットは条件付きで会社への在籍確認なし

どうしても電話連絡が困る場合には、モビットのWEB完結の利用がおすすめです。モビットにWEB完結で申込みを行うと、完全に電話連絡なしで契約を行うことができます。しかし、その為には次に挙げる書類などを全て用意する必要があります。

まず本人確認書類として運転免許証かパスポート、そして、社会保険証か組合保険証も必要になり、収入の証明の為に昨年の源泉徴収票と給与明細票、または役所で発行してもらう収入証明書と給与明細票が必要になります。

収入証明書類は直近の2ヶ月分の給与明細票でも代用できますが、本人確認書類は上記の2点のどちらかが必須です。

更に、三井住友銀行、もしくは三菱東京UFJ銀行の口座も必要になります。これら全ての書類や口座を所持していないとモビットのWEB完結は利用できません。

このように、利用の為のハードルは多少高いと言わざるを得ませんが、確実に電話連絡なしでキャッシングができる申込みがあることは覚えておいて損はないでしょう。
 

派遣社員やパート、アルバイトの在籍確認の注意点

キャッシングの審査で行われる在籍確認は、実際にその人が勤務している職場まで電話を掛けて行います。例え本人がその時に職場に居なくても、電話に出た人から「外出中です」、「本日は出社していません」などと確かに在籍をしていることが確認ができれば問題ありません。

派遣社員の場合、申込みの段階で派遣会社か現在勤務している職場のどちらを勤務先として申請すればいいか迷うかも知れませんが、現在の職場にした方がいいでしょう。どうしてもその職場まで電話が掛かってきたは困る場合のみ、派遣会社の方にしてください。また、この場合は必ずキャッシング会社側にそのように相談することも忘れてはいけません。

その理由は、派遣会社に登録だけを行い、実際にはどこにも勤務をしていないのにあたかもそこが職場であるかのように派遣会社を利用する人が多い為です。キャッシング会社側もそれは分かっているので、実際の職場を申請しないと審査で落とされてしまう原因にもなってしまいます。

パートやアルバイトでも職場への在籍確認は行われますが、勤務中の外部からの電話は滅多に掛かってこないような職場環境のことも多いと思います。そこで、パートやアルバイトの場合は予め勤務先に、近日保険の手続きの為の電話があるかも知れないなどと伝えておきましょう。

キャッシング会社からの在籍確認の電話でその会社名を名乗ることはありませんが、何やら不審な電話だと思われてしまう可能性は否定できません。一般に保険に加入する際や車のローンを組む場合などにもこの職場への在籍確認を行うことがあるので、それだと思わせてしまえばいいのです。

そのような所から職場の確認の為に電話を掛けると連絡があったと先に伝えておけば、キャッシング会社からの在籍確認だとは思わないでしょう。派遣社員やパート、アルバイトの人はこのような点に気を付けてこの在籍確認を乗り切ってください。
 

学生がキャッシングで親バレしないために

親バレを恐れる女学生

学生キャッシングは、プロミスなどの大手消費者金融から申し込むのが、親バレしない手法とも言えます。なぜなら銀行カードローンの場合は、借り手が学生だと親権者の同意書が必要になるカードもあるため、結果的に親バレする確率が高いのです。

仮に、親バレしないでカードを作れても、万が一引き落とし不能になった場合は、引き落と日当日に問答無用で自宅に連絡が来ますので、ほぼ確実にバレてしまいます。うっかりの入金忘れはバレるリスク大です。

その反面、大手消費者金融であれば、親権者の同意が必要でないのが大きなポイントです。また、自宅に審査の電話がかかってこないのも大きなメリットです。

アルバイトなどで安定した収入があれば、たとえ学生であっても融資対象にもなります。学生の場合は借入限度額は、10万円から30万円で設定されるケースが多く、無理のない金額で提示されます。返済期日に、決まった金額を返せれば親バレの心配はほとんどないでしょう。

万が一、返済期日まで返済が厳しいようであれば、事前に電話連絡をすれば待ってもらえるケースも多いですし、何か問題が起きた場合も、直ぐに家族などには連絡が行かないので、その面は比較的安心できます。

申し込みの段階での親バレを防ぐ手続きを行い(利用明細などの郵送物が自宅へ届かないように指定)、返済を確実に行えば、親バレの確率は格段と減りますよ。
 

銀行カードローンはバレる可能性が高い?

銀行直営のローンカードは、職場への電話での在籍確認が必ず必要な場合もありますので、消費者金融と比べると周りに知られてしまうリスクは高くなります。例えば、国内の有名なIT系の業者のローンカードをポイント欲しさに申し込んだ経験がありますが、ちょっと審査基準が厳しいかなと感じました。

その業者は、クレジットカードも扱っていますが、ちょっとした延滞でも強制退会があると風の噂が絶えません。
以上の経験からしても、銀行系のカードローンは周りにバレてしまう可能性が高いので、銀行から融資を受ける時は、消費者金融と提携しているカードを申し込めばそのリスクは低くなります。

くれぐれも注意したいのは、口座引き落とし不能や延滞です。特に、そのカードが給料の振込口座と同一銀行の場合は、例え一回でも口座引き落とし不能になった場合は、家電に連絡が来ますので、他の家族が受け取ったら大変になります。

過去に、地方銀行の直営系ローンカードの支払いが、残高不足のため引き落としにならなかった経験がありますが、何とカード引き落とし日に実家の家電に連絡が行ってしまい、家族バレした経験がありました。

なので、家族にあまり知られたくないのであれば、消費者金融から借り入れした方が無難です。仮に、返済日に規定どおり返せない状態であっても、事前に電話連絡を入れれば、数日間は猶予期間が与えられますし、交渉によっては郵送物などが自宅へ届くリスクも防いでもらえます。

出来れば、電話でなく直接窓口に出向いた方が、誠意があると言うことで印象が良くなるかも知れません。